世界ナゼそこに?|チェーンソー盆栽職人の小林國雄とは?年収は?

2020年2月15日

【世界ナゼそこに?|チェーンソー盆栽職人の小林國雄とは?年収は?】

世界ナゼそこに日本人 欧米で絶賛される盆栽職人・山奥の3世代10人大家族

今回の放送では、
 
 
・豪快すぎ!超規格外な技法で世界から賞賛される凄腕盆栽職人

・岡山の山奥で発見!半自給自足する3世代10人大家族の驚きの山奥暮らし

・“世界の喜劇王”チャップリンに「私のすべて」とまで言わしめ、莫大な遺産の相続人となった日本人が巻き込まれた歴史的大事件とは?
 
 
について放送するみたいです。

そこで今回は、

【世界ナゼそこに?|チェーンソー盆栽職人の小林國雄とは?年収は?】

について詳しく見ていきたいと思います。

世界ナゼそこに?|チェーンソー盆栽職人の小林國雄とは?

まずはじめに、「チェーンソー盆栽職人」というワードを初めて聞きましたが、調べてみるとやや衝撃的な事実が分かりました。

文字通り、チェーンソーを使って盆栽を作る職人、ということらしいのですが、一般的な「盆栽」のイメージとはややかけ離れていますよね。

小林國雄

・内閣総理大臣賞(4回)や文部大臣賞(2回)も受賞したことのある、盆栽界の巨匠。

・200人以上の国風展入選者を育ててきた。

・盆栽の美術館「春花園BONSAI美術館」を造った。

場所:東京都江戸川区新堀1-29-6(JR小岩駅からバスで20分ほど)
入館料:大人800円(お茶付き)、学生600円

という素晴らしい人だということが分かりました。
 
 
それでは、「チェーンソー盆栽職人」とはどういうことなのでしょうか。

左上のお写真(AFTER)の盆栽に、皮がはがれたところや溝があるの分るでしょうか。

これは盆栽の芸術性を高めるために行われることで、チェーンソーを使って味わいを出しているらしいです。
 
 
初めて見ると驚く人もいるのではないでしょうか。

外国人の中にはこの様子をみて、批判の声が上げる方もいるみたいですよ。

確かに、木に傷をつけるという行為だけ見ればそう思われても仕方ないかもしれませんね。

しかし、これが職人技!

一本一本の木々のもつ個性を、最大限まで引き出す技といいうことらしいです。

世界ナゼそこに?|チェーンソー盆栽職人 年収は?

それでは、あまり知られていない盆栽職人の年収はどのぐらいなのでしょうか。

こちらは調べたところ…ピンキリとしか言えないことが分かりました。

というのも、職人として見習のときは十数万円から始まり、小林さんのように巨匠とまでなると、収入源は多数になり、一概にこのぐらいとは言えなくなります。

さらに小林さんは1つ1億円もする盆栽をお持ちですので、売れた時の利益は、と考えるとそれだけでもすごい額ですよね。
 
 
一つ言えるのは、小林さんのように手広く稼げる方は一握りということです。

世界ナゼそこに?|チェーンソー盆栽職人の小林國雄とは?年収は?についてまとめ

今回は、

【世界ナゼそこに?|チェーンソー盆栽職人の小林國雄とは?年収は?】

について詳しく見てきました。

盆栽の世界は奥が深く、小林さんのように世界で活躍している職人がいることが分かりました。

それにしても、盆栽に1億円の価値というのは驚きですよね。

テレビ

Posted by hatuka20