火曜サプライズ|栃木県の幻の赤い大根「唐風呂大根」とは?値段や通販は?1/28

【火曜サプライズ|栃木県の幻の赤い大根「唐風呂大根」とは?値段や通販は?1/28】

火曜サプライズ 大沢たかお懐かしの谷中銀座で賀来賢人とアポなし!冬でも行列かき氷

今回の放送では、
 
 
・大沢たかおが初アポなしで粘りの交渉術&最強ロボと卓球対決!

・賀来賢人ラクダに乗る!

・石ちゃんが絶賛(秘)洋食店交渉&女性が行列巨大かき氷

・森星が絶滅寸前の赤い大根を収穫
 
 
について放送するみたいです。

そこで今回は、

【火曜サプライズ|栃木県の幻の赤い大根「唐風呂大根」とは?値段や通販は?1/28】

について詳しく見ていきたいと思います。

火曜サプライズ|栃木県の幻の赤い大根「唐風呂大根」とは?1/28

それでは、唐風呂大根とはどのような大根なのか見ていきましょう!

まず読み方ですが、唐風呂(からふろ)大根というそうです。

一番の特徴は表面が赤(赤紫)色に色づくことで、

大きさは青首大根より少し短くずんぐりと太い形をしています。
 
 
今回調べてみて、初めて唐風呂大根を知りましたが、それもそのはず。

大根の種類はなんと100種類以上もあるそうで、その9割以上が青首大根

(スーパーでよく見かける大根)だそうです。
 
 
唐風呂大根は、栃木県足尾・唐風呂地区で栽培されていますが、この地区で育てないと

色づかない大根らしいです。とても不思議ですね。

そのため地域の過疎や栽培農家の高齢化で収穫量も減り、今では絶滅の危機にある品種だそうです。
 
 
唐風呂大根は水分が少なく、郷土料理「しもつかれ」に最適な大根として重宝されてきました。

ちなみに「しもつかれ」とは、初午の日(2月最初の午の日)に作り、

赤飯とともに稲荷神社に供える行事食のこと。

鮭の頭と大豆、根菜、下した大根を酒粕で煮込んだ料理のことをいうそうです。

まさに地元で愛され、郷土に根差した野菜といえますね。

火曜サプライズ|栃木県の幻の赤い大根「唐風呂大根」値段や通販は?1/28

そんな唐風呂大根、ぜひ食べてみたいですよね!

そこで、値段や購入方法を調べてみました。

まず値段ですが、詳しく調べてみましたが情報がありませんでした。

それでは購入方法はと思い調べましたが、唐風呂大根だけを通販などで購入できるという情報はありませんでした。
 
 
一部ファームでほかの有機野菜と一緒にセットで購入できそうでしたが、

セット内容はその時により異なるようなので、直接ファームに問い合わせて聞いてみる必要がありそうです。

これだけ情報、流通が発達していても、その土地に行かないと食べられないものもあるんですね。
 
 
ちまにみこの足尾地区は足尾銅山でも有名な場所で、もともと作物が育ちにくい土壌のため、

農業も盛んではないということです。

「火曜サプライズ|栃木県の幻の赤い大根「唐風呂大根」とは?値段や通販は?1/28」についてまとめ

今回は、

【火曜サプライズ|栃木県の幻の赤い大根「唐風呂大根」とは?値段や通販は?1/28】

について詳しく見てきました。

唐風呂大根は希少な品種ということで、地元でも種まきをして絶滅しないよう取り組んでいるみたいです。

後世に残していけるようぜひ応援したいですね!

テレビ

Posted by hatuka20